一人暮らし 女性 ホームセキュリティ

女性の一人暮らしに最適なホームセキュリティ

女性の一人暮らし

 

女性の一人暮らしには、やはりどうしても不安がつきまといます。

 

外出している日中の留守宅への空き巣や泥棒はもちろんのこと、在宅時に襲われたケースやストーカー被害など、一人暮らしの女性が被害に合う事件は今も少なくありません。

 

こちらのページでは、セコムやアルソックなどが提供している「一人暮らしの女性向けホームセキュリティ」について分かりやすく詳細に解説していきます。

 

一人暮らしに不安を感じている女性の方や、娘さんの一人暮らしを心配されているご両親など、一人暮らしの女性向けホームセキュリティについて知りたい方のお役に立てれば幸いです。

 

 

オートロックのマンションでも安心できない!

オートロックマンションのエントランス

 

最近の賃貸マンションでは、一人暮らしの女性に配慮し、オートロックや防犯カメラを設置を売りにした物件が多数存在します。無いよりは断然安心ですが、オートロックの穴はマンションの住人が出入りする際に一緒に入ってしまえば、簡単に共用部に侵入できるという事です。

 

防犯カメラも一定の抑止効果はあるものの、実際に防犯カメラが設置されたマンションであっても多くの女性が被害に合う事件が報告されています。

 

また、マンションのベランダから侵入されるケースもあり、実際にガードマンの駆け付けるホームセキュリティの有効性を軽視できなくなっています。

 

 

セコムやアルソックの一人暮らしの女性向けホームセキュリティ

セコムやアルソックの一人暮らしの女性向けホームセキュリティ

 

業界最大手のセコムやアルソックには、一人暮らしの女性へ向けた、ホームセキュリティのプランがあります。

 

マンションタイプであれば、玄関の扉とベランダの窓への開閉センサー、空間センサー1個と、無線式の非常押しボタン程度で成り立つため、価格も月々3千円ちょっとからで済みます。

 

一人暮らしの女性向けホームセキュリティーでは、在宅中の警備はもちろんの事、非常押しボタンなら警備の操作に関係なく、押すだけで24時間365日いつでもガードマンが急行します。

 

例えば、「不審者がドアの前にいる!」 「ストーカーが玄関の扉を叩いている!」そんな切羽詰まった状況で、携帯電話から冷静に110番通報が出来るかといったら、なかなか難しいと言えます。

 

セコムやアルソックといった警備会社なら、押し釦を押すだけで自動的にガードマンが駆け付けてくれますし、監視センターから安否確認の連絡もくれますし、応答がない場合などは警察通報も行います。

 

\セコムとアルソックの詳細/

 

 

盗聴器の検索やストーカー対策もOK

ストーカー対策

 

一人暮らしの女性に向け、アルソックでは、部屋の盗聴器を探したり、盗撮用のカメラを見つけてくれる、盗聴器検索サービスというものがあります。希望により女性のスタッフが対応してくれるので、安心して頼むことが出来るよう配慮されています。

 

さらには、ストーカー対策セキュリティーとして、コンシェルジュへの相談、専用端末を貸し出してくれる、ガードマンの緊急駆け付けサービスも実施しています。もちろん、不安を感じたら専用端末を押すだけでガードマンが急行してくれます。

 

一人暮らしの女性は、お父さんや旦那さんといった男手がいないため在宅時でも危険にさらされるケースが多くなっています。専用端末を押すだけで訓練を受けたガードマンが急行するホームセキュリティーの有効性はご理解いただけるでしょう。

 

 

ガードマンが到着するまでのレスポンス

 

ホームセキュリティーの欠点としてよく挙げられるのが、ガードマンが到着するまでの所要時間です。最寄りの拠点より出動するガードマン(警備員)は、契約先に車やバイクを利用しますが、到着するまでに5分から15分程度と公表されています。

 

登録されていれば同時に警察通報も行ってくれます。「物音がする」「嫌がらせのようにインターフォンを鳴らされる」などの不安を感じた時にも、専用端末を押すだけで24時間365日いつでも急行してくれます。

 

ちなみに専用端末を押すと通報を受けた監視センターは、ガードマン(警備員)へ直行指示を出すと同時に契約者の安否を確認のため指定の連絡先へ直ぐに連絡してきてくれます。

 

監視スタッフとの会話で少し不安が取り除けるのと、場合によっては代わりに警察番通報も行ってくれます。間違って押してしまったとしても、その旨を伝えれば何の問題もありません。

 

\セコムとアルソックの詳細/

 

 

まとめ

 

一人暮らしに限りませんが、ホームセキュリティの見積もりをするには、警備会社の営業員が訪問し、間取りや要望を聞きながら警備プランを決めなければなりません。現場を確認することで、最適な警備プランと自分で出来る防犯対策や、防災対策などのセキュリティーアドバイスも行ってくれます。

 

既に知識のある方なら話は別ですが、警備会社の営業マンやセールスレディはなかなかのプレゼン上手です。セコムやアルソックの営業となれば、とんとん拍子で話が進んでしまい、あっと言う間に契約まで行きかねません。

 

別に悪い事ではないですが、やはり数社を見比べてみる必要があります。料金や価格帯、センサーの種類や警備会社の規模感、サービスのラインナップなどなど。ここで書いている以外にも様々な契約プランも存在するので、まずは資料請求をして確認しておくことをおススメします。

 

ちなみに、気に入った会社があったとしても相見積で競合させることで、ぼぼ確実に価格が安くなります。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る