基礎知識

基礎知識記事一覧

セコムやアルソックがご家庭にセキュリティ機器(防犯・火災・非常などのセンサー類)を設置し、緊急通報を受けた場合、ガードマンが家庭に急行するホームセキュリティとは、どういう仕組みになっているのでしょうか?こちらのページでは、ホームセキュリティをオンライン(機械警備)で行う場合の仕組みを詳しくご説明させて頂きます。セコムとアルソックによるオンラインホームセキュリティの仕組みについて出典:セコムとアルソ...

テレビCMでもお馴染みの、セコムやアルソックが提供するオンラインのホームセキュリティ。共働きで留守宅が心配、離れて暮らす一人暮らしの娘さんや、ご両親の心配など。動機はそれぞれだと思いますが、セコムやアルソックのホームセキュリティに 料金を支払ってまで契約する必要性はあるのでしょうか?このページでは、それぞれのメリット・デメリットをそれぞれ解説し、ホームセキュリティの必要性について、客観的にとらえる...

こちらのページでは、セコムやアルソックといった警備会社が提供するホームセキュリティの利用料金をなるべく安く、最大値引きを引き出すコツについて解説します。先に答えを言うと、ホームセキュリティで最大値引きを引き出すには、複数社に見積もりを依頼し、相見積もりの状態にするのが第一条件になります。なぜなら、ホームセキュリティを取り扱う警備会社は、シェアの取り合いをするライバル関係にあるので、相見積もりになる...

お住まいを新築する際、ホームセキュリティに必要性を感じ、導入される方がここ10年でも結構な増加傾向にあり、最大手のセコム・アルソックは、2社合計で180万件近くにのぼるホームセキュリティユーザーを誇ります。自宅に設置した防犯・防災のセンサーが作動した時、5分〜15分程度でガードマンが急行してくれるサービスですが、今は月々5千円程度の料金で済みます。20年も前なら、ハイクラスなご家庭にしか手の届かな...

セコムやアルソックが提供するホームセキュリティには、外出モードと在宅モードという2種類の警戒機能があります。外出モードは文字通り、留守で無人になっているお住まいをオンラインで監視する機能ですのでイメージしやすいと思いますが、在宅モードではどのような警戒方法を採用しているのか、具体的にご存知ない方もいるかもしれませんね。こちらのページでは、セコムやアルソックの在宅モードについて、警戒方法やその機能を...

最近、防犯配慮型の賃貸物件についてのテレビCMをよく見かけますが、いわゆるホームセキュリティですね。戸建て住宅用のイメージが強いホームセキュリティですが、実は賃貸アパートやマンションでも使うことが出来ます。こちらのページでは、個人が賃貸物件で使えるホームセキュリティについて解説します。個人が賃貸アパートやマンションでホームセキュリティの契約をする2つの方法や、注意点などを分かりやすくご紹介するので...

トップへ戻る